日比谷松本楼


img_example1_41老若男女に愛される東京の老舗をリニューアル

 

日比谷公園開園(明治36年)とともにオープンした洋食の老舗「日比谷松本楼」。現在の建物は、昭和48年にホテルオークラの設計で知られる小坂秀雄氏の手によって建てられました。以来36年の長きにわたってリニューアルせずに大切に使われてきましたが、さすがに老朽化は否めず2009年に全面リニューアルを行いました。老若男女に愛される店ですから、トレンドを意識した内装ではすぐに陳腐化してしまいます。時代性を加味しながら、森の中のレストランにふさわしい内装としました。

写真ギャラリー


Facebook
お問い合わせフォームへ